主婦でもできる?パパ活のはじめ方

最近、流行りの「パパ活」。
10~20代前半の若い女性を求めている男性が多いイメージが強く、わたしのような主婦には遠い話と思っていました。

が、、、、

じつは主婦というキーワード、男性は大好きなんです(笑)
そのため、パパ活も使い方によっては成功するというのがわたしの持論です。

ただし、そんなわたしもパパ活を実践したことはありません。
なぜなら、実際に会うということででてくるリスクがあるから。

今回は主婦がパパ活したらどうなるの!?を分析していきます。

主婦だけじゃない!気をつけたいパパ活のデメリット

主婦でもパパ活できる?
はじめにパパ活とは、ランチやディナー、カフェったときにパパと呼ばれる男性から、お金をもらうことをいいます。そのため基本的にはカラダの関係はナシということになっているため、上手く利用すれば、タダ飯&報酬を受け取ることができるというありがたい制度(笑)

最近ではアプリも開発され、そこからマッチするパパを探すなど、出会いも簡単になってきました。

とはいえ、実際のパパ活では

・カラダの関係を求められることがほとんど
・人によって報酬額が違う
・身なりを気にしないといけない
・ストーカー被害にあった
・SNSから個人情報がバレてしまった

などトラブルもつきもの。
表立っては出会い系とは異なる、となってはいても男女間のトラブルに巻き込まれてしまう可能性も高いといえそうです。

結論!主婦にパパ活はオススメしない

男性に人気の「人妻」というジャンル。
そのため、いますぐ自分専用のパパを探すことは意外にも簡単かもしれません。
しかし、トラブルになったときのリスクがあまりにも高すぎるため、子持ちである、旦那もちである、という主婦の方にパパ活はオススメできません。

同じく男性相手の職業で人気の副業である、キャバクラやスナック、ガールズバーでの週1回からの勤務や、完全在宅のメールレディやチャットレディがオススメです。